元ボロ鯖。今試練でFFXIを楽しんでまったり進んでいくおばちゃんの日記


by feiry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

クラエッ ヽ( ゚Д゚)、――――====二二二二*~●

(o^∇^o)ノ こんにちはー!
今日は久々にちょいと遠出して買い物じゃ~~~~。娘のために買い物じゃ~~~。
その前に日記を・・・。


夜にカンパニエ参加してみたけど、人が多いのとユニオンのおかげで敵があっという間に沈むので、まったく稼げない(´・ω・`) アイテムを運がよければもらえるからそう言う意味では嬉しいけど、遠方キープがかなり多くなってきてるし別な意味では迷惑じゃ。
そういいつつも、白金鉱を二個もらいました。どうやら300pでロット権発生するようです。


モグミッションの続きとアルタナミッションを進めてきました。



モグミッション。
ウィンでシャントットに話しかけ、呪いとくために特別なガーディアンから奪ってもってこいや~~~。
と、命令されたのでいそいそとその準備に向かいます。

外ホルトトにいるガーティアンから大事なものを取りに。
カップ・コイン・ソード・バトン それぞれから一種ずつの大事なものをとります。

それは、ガーディアンNMの弱体アイテムなので、4種あるととっても楽に戦えます。もちろん弱体するポイントを決めて、一種あつめるだけでもいいのであります。

ソードの魔導球:ソードのカーディアンから入手(NM戦の斬属性無効解除)。
カップの魔導球:カップのカーディアンから入手(NM戦の突属性無効解除)。
バトンの魔導球:バトンのカーディアンから入手(NM戦の打属性無効解除)。
コインの魔導球:コインのカーディアンから入手(NM戦の魔法無効解除)。


PT組んでいると、全員同時に大事なものを手にできて楽です。

私たちは青・赤 で行くと思うので、全部の大事なものを集めてきました。ソロでいけるそうですがせっかくだから同じ進行度の人たちと瞬殺してきたいとおもいます(*ノノ)

● シャントットに話しかけお使いをする。
● 外ホルトトまガーディアンから「大事なもの」を最低1種集める。PT組んでる人には同時に手に入るので集めるのも楽。
● 大事なものはNMの弱体アイテムである。


今回はここまで。



アルタナミッション。
過去氷河での進行です。移動が怖い・・・・。そして遠い・・・。
詩人万歳! でも284しか経験値ないから死んだら間違いなくレベル下がるお! 
グッキーさんに「命がけでまもってね(はーと)」と、なにげにプレッシャーをかけ、いざ出陣。

1ボスディン氷河〔S〕魔法塔付近の"Regal Pawprints"を調べる(J-8,I-7,G-9,H-8,F-7の5箇所(バタリアに近い南の魔法塔を除く5塔)) 
選択肢を選ぶタイミングを間違えて同じ場所で3回失敗するとケット・シーに警戒されてしまうのでやりなおし。エリアチェンジで再挑戦可能
失敗しても他の場所はそのまま挑戦可能で、成功箇所の記録はエリアチェンジしても保持される。

●OPで飛んだところの塔(H-8)は、自分で「だるまさんがころんだ」

●G-9はポーシャが担当するので指示を出す。きょろきょろしているときは動くのが遅いのでじっと待つのがこつ。

●F-9は チョコボに変身してケット・シーをそばに引き寄せる。
鳴き声に興味を示すまで「鳴く」。興味を示したら「背中を向ける」。ケット・シーが動かなくなったら「鳴く」を繰り返し、最大に近づいてきたら「猫だまし」をする。

●I-7はリリゼットに指示を出す。腰に手を当てた後、二歩進むのでこちらも焦ると失敗します。ケット・シーが斜め前方を見るのをじっと待って進むと安全。

●J-8は吹き矢。運も絡むばしょですにゃ(ノ∀`) おいらは失敗しまくりでした__〇_
ケット・シーの動きを観察すると、ゆーっくり動いて立ち止まっている時間が長めのときがあります。
その動きのパターンが分かれば上手くいきます。動体視力と反射神経に自信のある方はその限りではないですよね。ウラヤマシイ・・・・

「だるまさんがころんだ」は、時間制限ないのでケット・シーが斜め前方を見るのを待つのもひとつの手かもしれないですね。

5箇所が終わったらH-10でイベントを見ます。 今回はここまで。
次はNM戦です。だれか一緒にやらんかぁぁぁぁっ!!!(ノ∀`)
[PR]
トラックバックURL : http://feiry.exblog.jp/tb/11589192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by feiry | 2009-07-24 08:40 | ミッション | Trackback | Comments(0)