元ボロ鯖。今試練でFFXIを楽しんでまったり進んでいくおばちゃんの日記


by feiry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ツイッターより転載

f0063726_9512824.jpg





今朝はライ君が姉の待つ富士宮に向かってくれています。
雪がつもっている中だし、ガソリンが半分も入っていないらしい状況で、いったら帰ってこれないかも・・ははは・・。と笑いつつ、向かってくれる彼の優しさを親として嬉しくおもいます。


毎日のように原爆の話が出てますが、数字や専門用語ばかりでなにを言っているのかさーっぱりわからねぇ・・・。
以前に一度だけ民放だったと思いますが、パネルに一日に浴びている自然放射能濃度から危険濃度までをわかりやすく図解してくれていたものがありました。
X線検査ではこのぐらい。一年で自然に浴びている量はここ。で、今報道されているのはここだから、慌てたりしないで落ち着いて情報を聞いていてほしいと言っていた。
しかし。それを見たのはただの一度きり。
あんなにわかりやすいものを活用しないなんて、どういうこと?
ものすごく大変なことだけども、不必要にあおったセリフで不安を増幅させているアナウンサーを見ると、トイレスリッパの緑と青いので往復びんたしたくなります。


被災地は大変なのは当然。家族の安否がわからない人の不安や悲しみが高いのも当然。
それを、「今どんなきもちですか?」って平気で聞いてるバカをみるたびに、トイレスリッパの赤いのでおしりをたたきたくなります。


そんな暇あるなら、おまえも不明者探す手伝いしてこい、炊き出しの手伝いしてこい。おむつや生活用品の買い出しや差し入れしろ。

それらをしたうえで、もう一度インタビューをしてみるといい。
もう、バカな報道特集は電気と電波の無駄。
そんなのするなら。子供たち向けに「アンパンマン」とか放映してくれたらいいよ。そのほうがよっぽどためになってるさっ。
[PR]
by feiry | 2011-03-18 09:51 | 日常