元ボロ鯖。今試練でFFXIを楽しんでまったり進んでいくおばちゃんの日記


by feiry
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

///orz///ズゥゥゥゥン

(o^∇^o)ノ こんにちはー!
今日は朝からどんよりドヨドヨとした空模様で、久々に耐えられない頭痛と戦っていたせいで、仕事ひとつも手を付けてない・・やばいです(汗)
空のせいなんだもん・・。><
明日は、一日中頑張ることにして、今日は静養することにしました。夕方になって大分ましになりましたが、吐くほどの痛みは久々でどうしたらいいか焦りました^^;
皆様もご自愛くださいね。


さて、そんな情けないリアルは放り投げて、ヴァナです。
昨日はへこみまくりです。もう、立ち直れないくらいへこんでました。。(つд・)




アビセア時代は、白魔として自信をもってやってた。状態異常もログより早く治していたし。転がさないを信条にして頑張ってた。

アドゥリン時代に突入して、みんなやめてしまい、どうするかなーって思っていた時に、チャミちゃんに拾ってもらって、LSに入れてもらった。

そこには白魔道士のチャミちゃんがいて、自分より上手いし装備も整っているのをみたら、違うジョブをしたほうがいいなー。と考えて、黒魔道士に手を出した。

自分の性格にもよくあっていて、すごく楽しい(笑)

でも、どこかで白をしたがっている自分もまだいた。

それがどうだ。いざやらせてもらうとダメダメっぶりがものすごく目立つ。
言葉で言い尽くせないほどにひどい。

なにが白で頑張っていました。 だ。
所詮はなんちゃって白がアビセアという特異な場所に守られて、「上手いような気がする」気分にしてもらっていただけなのだ。

確かにブランクというものも多少はある。あるが、ちょくちょをくと白を出しているのだし、そんなものはないのだ。
この言葉を言い訳には使ってはダメだ。


ケアルヘイトを考えるとかなりの回数で「ケアル3」を連打しているわけで、蓄積されたヘイトを考えると、ガ系で大きなものを連打はしたくない。したくないが、しないわけにはいかないのでしてしまう。
巨大なヘイトを身にまといつつの回復。

ヘイトリセット技により、白に向かってくる敵。倒れるわけにはいかないので自分にケアル。
またヘイト稼ぐ。・・・・
ここら辺をちょっとなんとかしないとだ。
ということで、ポーション系の薬品を持っていこうと思う。カバンが薬品で膨れ上がるけど、自分への回復はそちらの方がMP的にもやさしい。


MPの効率。
先も書いたけど、どうしてもガ4・5とケアル5・6 と続けてしまうとMPは当然枯渇する。
ガ4 260。 ガ5 380。 ケアル5 135。 ケアル6 227。

これを続けざまにしたとすると軽く消費MPが1Kを超える。 まあ。現実的にそんなことはしないけど!
でも、連続ではなくとも使うわけで、リフレ・歌、薬品で補っていく。が、まくったく追いつかない。
ケアル3での回転が追い付くようなダメージならいいんだけども、そうも言っていられないから、悩む。
しかし、自己リフレしている暇、薬品を使うタイミングが、自分でまったく作れない。
コンバしても、自分回復している暇ないから、そのまま前衛にケアル。 ありがたいことに学者さん詩人さんがケアルをくださいますが、仕事を中断させてしまうこの事態に、自己ケアルは素早く!
を心がけなくてはだめだ。と、思う。

結局は自分の動きに余裕がなさすぎる。心の余裕が必要。
白の動きを思いだすためにも、しばらく白でうろうろさせてもらおうと思います。

ヴァナの白魔道士様。いつもありがとう。あなたたちに一歩でも追いつくように努力します。

散文だけど ちょっとすっきり・・・。がんばるどっ。(`・ω・´)
[PR]
by Feiry | 2014-07-07 17:15 | FFXI 全般