元ボロ鯖。今試練でFFXIを楽しんでまったり進んでいくおばちゃんの日記


by feiry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

いやな事件ばかりで・・・

毎日、子供が犠牲になる事件をニュースで見聞きします。
いやです。胸が痛くなります。
すべて、大人の身勝手に巻き込まれて、犠牲になっているだけ。
私は、子供をたたいたことが、たくさんあります。そりゃ、殴らずにいれば一番いいことなのでしょうが、無理です。それだけ悪いことをするのですもの。だからこそ、子供たちは殴られる痛みを知るのだし、手加減も知るのだと思います。どうでしょう・・?
たたきっぱなしにしたことは、一度もありません。その後で、ぎゅっと抱きしめて、なぜ怒られたのか、話します。納得するまで話します。さすがに大きくなってしまった今は、ぎゅっと抱きしめることはしませんが、話し合いをすることは変わりません。反対に注意されることも出てきました。まさに、成長した姿が出来上がってきました。
しつけと称した、虐待。抱きしめることなくただ、ただ殴る。蹴る。食事を抜く。
「しつけ」と名がつけば何をしてもいいの? 違うでしょ。
そんな人たちは、自分勝手に育ってきたのだろうな・・・
人の心の痛みを少しでもわかる人ならば、そんなことできないもの。

でも、人の心って繊細だし、何かのきっかけで壊れてしまうときがあるのも事実。

それでも、自分より弱い人を攻撃しないで・・・
子供を傷つけないで・・・

こんな事件がなくなることを祈ります・・・
[PR]
トラックバックURL : http://feiry.exblog.jp/tb/828202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Pukujim at 2006-02-17 20:02 x
実際虐待する母親って自分が幼少期に虐待を受けていてた人が多いらしいんですが、なんなんでしょうね・・・。
主婦のプチうつが流行ってきてるし、旦那のDVも結構掲示板見てるといらっしゃるようで。
核家族ゆえの問題、同居のためにおかしくなる嫁、どうすればいいんだか。
心が壊れそうな一瞬って誰にもあるんですが、そこで正気に戻るか突っ走るかが分かれ道なのかな、正気に戻れない精神構造に育ってしまったのかな?
「人の明日、来月、来年、20年後の未来を勝手に奪うことは許されないから人を殺してはいけない」って女王の教室でやってましたね。
Commented by おばちゃんFeiry at 2006-02-17 23:21 x
うん。過去の自分の体験を返してしまうって言いますね。人の心って難しいです。
いじめをする子の親って、ほとんどが子供に手を上げたことがないって胸を張っていうんです。子供に暴力を振るわないってことはすごく評価するのですが、そういうことを威張って言う人に限って、自由と無関心を取り違えているように感じました。
私、一時期3歳~小学生の子供と親に関わる仕事をしていまして、教師ではないのですが、いろんな子供を見てきました。いろんな保護者の方々と話をしてきました。空回りしてしまっている人、自由と無関心を勘違いしている人・・・会話が子供と成り立っていないなって。子供ってすごくわかってるんですよね・・・親が自分をどう見てるのかって。
怖いなと思う反面、負けられないって思いました。
これから、まだまだ子供と育っていく自分がいます。そのことに気づかせてくれたいい経験でした。
結局は、育てた親の責任が輪廻するのでしょうか・・・気合を入れて、これからも子供に負けないように手を抜きながらw お互いがんばっていきましょうね。未来の彼らのためにも。
Commented by Gamvieno at 2006-02-18 02:32
 子は親の姿を映す鏡だ、なんて言葉をよく耳にします。全くそのとおりで、
フェイリーさんの言ってるように、虐待を受けて育った子どもは、自分の
子どもが生まれると、昔の自分の記憶が甦って再び虐待をするといいます。
 「教育」ってほんとに難しい。まだ自分には子どもが(嫁さんもw)いませんが、
そういう心構えが出来ていないから、具体的な行動に出られないでいるの
かもしれません。心が幼い(育っていない)から、本能的にそういう気持ちに
させているのかもしれませんね(親に安心させなきゃいけないなぁ・・・)。
Commented by Gamvieno at 2006-02-18 02:33
教育の「教」という字は、”教える”とも取れますし”教わる”とも取れます。
子どもに何かを教えると同時に、子どもから教わることも多いと思います。
 また、「育」は”育てる”と”育む”の二面性を持ってると思います。
こちらから手を差し伸べ背中を押すのと同時に、その子どもが自分から進んで
いく、そう思えてなりません。
Commented by Gamvieno at 2006-02-18 02:34
 教わる、育む。これらは親だけで成し遂げられるものではありません。
地域、環境、学校、もちろん経済的な面もあるでしょうが、その子どもが
伸びる方向を見定め、包み込むように見守れる社会であってほしいと、
常に希望してやみません。
 はっ!初投稿でこんな長文、駄文、失礼しました^^;
Commented by おばちゃんFeiry at 2006-02-18 07:19 x
コメントありがとうです。もうこの問題って子を持つ親だけではなく、社会全体の問題なんですよね。大人が成長しなきゃ。私もまだまだです。子育てに自信なんていまだにまったくないけど、自分が死ぬときに、笑って逝けるよう、まだまだ子供たちと戦うつもりです。
by feiry | 2006-02-17 19:20 | 日常 | Trackback | Comments(6)